2013年8月アーカイブ

性的な行為を行っている際に女性が潮を吹くことがあるというのは、わりと多くの人に知られていることだと思います。


ですが、実は、女性だけではなく、男性も潮を吹くことがあるということは、あまり知られていないようですね。


精液を放出した後のペニスから、勢い良く、色の付いていない液体が飛び出してくることを、男性の潮吹きと呼ぶんですよ。


一般に広まっていないことであるだけあって、研究もまだ進んでおらず、どうして男性が潮を吹くのか、潮吹きの際に放出される液体は、精液でも尿でもないようだけれど、いったい何なのか、といった謎はまだ解明されていないのが現状のようです。


ちなみに、男性の潮吹きを実現するためには、射精した後のペニスをしごいて、刺激し続ける必要があります。


射精後、硬度を失いそうになるペニスをしごいて、硬度を保つように頑張らないといけないので、慣れないうちはなかなか難しいようです。


ですが、その分、苦労して潮を吹けたときの達成感は格別だと思いますので、ご興味があれば挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

おとこのしおふきを体験する

射精をして快感を得ている方はほとんどで、気持ちが良いので何回もしている方もいるかもしれないのですが、その後もある場所をずっと触り続けていると「おとこのしおふき」をすることを知っていますか?あまり経験のない方は「本当にするの?」と疑ってしまうかもしれません。


自分でいざやってみようとトライしてもいまいち難しいでしょう。


いつもの射精のときのイクときとは違う気持ち良さがあるので、我慢できなくて手が止まってしまう方もいるかもしれません。


これはプロのかわいい痴女にお願いをして、気持ちよくしてもらうといいでしょう。


亀頭の部分にそのツボがあり、そこを刺激し続けるとイクことができます。


プロなので、女の子は上手に責めてくれます。


その内に今まで経験のしたことのない感覚を覚えるでしょう。


一度体験してしまうと何回でも体験したくなります。


知っている方はまた、女の子のところへ通ってやってもらっています。


興味がある方はこの気持ち良さ体感してくださいね。

男の潮吹き、やり方は?

AVなどでたまに見る女性の潮吹きは壮絶な光景ですね。


一瞬何が起こったのかと思います。


潮を吹いた女性はもはや気絶寸前のオーガニズムに達しています。


男性としてはあんなに感じられて、ちょっと羨ましいと思ったことはありませんか?男性と女性は性感帯や感じ方も異なるわけですが、男の潮吹きも可能なんです。


そのやり方は、射精後もなお亀頭をシコシコと刺激し続ける強制手コキや、パンスト亀頭責め、ガーゼ亀頭責めなどによって可能です。


通常は射精をしたらそれで事が終わりです。


射精後ティッシュで精液を始末し、直ぐにタバコを吸ったりして休憩モードや後片付けモードに入る男性は多いですよね。


そこを容赦なく責め続けるのです。


思いきり男の潮吹きをさせるには、やはり手慣れた痴女の手で亀頭責めを行ってもらうのが一番です。


精液とは違うサラサラとした無味無臭の液体が放出された瞬間は、まさに天にも昇るような究極の快楽が味わえると言われています。

男の潮吹きは恥ずかしくない!

声を出してあえぐことは恥ずかしい、と思っている男性も多いのではないでしょうか?女性があえぐことは好意的でも、自分がいざあえぐとなると、恥ずかしく思ったりプライドが許さなかったりする人も多いようです。


しかし男の潮吹きを体験すると、そんなこといってられません。


恥ずかしいからあえぎたくない、そう思っていても自然と声が出てあえいでしまうのです。


どんどんせめられて、今まで出したことがないような声を出し、今まで体験したことがない状態の体になるのです。


体験した男性は、腰の辺りや足ががくがくした、宙に浮いた感じだった、という感想を抱いている人が多く、皆さん体験してみてとてもよかったと思っているようでした。


オナニーで体験しようと思っても、なかなかできません。


やはりここはプロにお任せするのが一番よいでしょう。


プロの刺激的な手わざとリップサービスで、ぜひ今まで体験したことがない快感を味わってみてください。


きっと病み付きになります。

MTBlog42c2BetaInner

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリ